秘符(れいふ)「霊符」について 

霊符は現在のお守り、護符、お札原型です。霊符はの源流は中国とされ千数百年前入唐された 弘法大師並智証大師によってわが国に伝えられました。昔は身分の高い人だけが持つ事ができました。政治・病気・合戦の時に自分の身を守る為の護持符。その為「霊符」を知る人は少ない。

  • 霊符(護符)には偉大な力・神秘な力が存在。護持するなら今がチャンスである。
  • 古来より北極星(北辰)は動く事がなくいつも北の空に鎮座している星であり神秘な存在であった。北の空に動じず鎮座する星=天帝(天皇大帝)と見なされた。北の夜空に輝く星「北辰」「北斗七星」は天帝なり。
  • 北極星または北斗七星を神格化した仏教の天部の一つで尊星王(そんしょうおう)、妙見尊星王(みょうけんそんしょうおう)、北辰菩薩(ほくしんぼさつ)などとも呼ばれる。
  • 七仏所説神呪経に「我は北辰菩薩、名づけて妙見と云う。」と書かれてある。天台寺門では尊星王、東密(真言宗)では妙見。妙見と北辰(北極星)も同じ、妙見は諸星の王であり北斗七星は妙見の眷属である。
  • 北のパワーを信じ歴代の天皇や有名な武家や豪商は密かにこの力を信仰していた。
  • 坂本竜馬・岩崎弥太郎・井伊直虎など歴史上人物も信仰している。(古来より権力者は密かに祀っていた霊符
  • 霊符種類★★★鎮宅七十二霊符、尊星王霊符、武帝応用五十八篆霊符、正体化霊天真坤元霊符、 天星三十六秘符などがある。

陰陽寮 陰陽師 陰陽道(占い・運勢)

おすすめ 霊符・護符・お守り情報 今がチャンス

  • 願いを叶えたい 人生を変えたい 幸せをつかみたい
金運上昇 
恋愛成就 
病気平癒 
疫病退散

 

悪縁退散 

星まつりについて

  • 旧暦の元旦や、立春、冬至などに行われる仏教の儀式で、天下国家に起こる各種の災害や個人の災いを除くものである。2月3日に行われることが多い。
  • 密教では、暦の上で年が変わる節分にその年の主な星曜や各個人の当年星(とうねんじょう)と、本命星(ほんみょうじょう)等を祀る修法と祭事を目的とした密教の祭儀である。密教最高の秘法の一つです。星まつり