武家が妙見信仰をしているがこれは北斗七星の第七星が破軍星と呼ばれたので崇拝していた。大名や豪族がこれを信仰して、堂社を建立した。

井伊直虎の霊符

2017-06-19 12.26.01 

次郎法師(直虎とされる)直筆四神旗 中国古代の思想に端を発する四神は、東西南北四方の守護神として広く用いられ、朝廷での祭儀においても四神旗が掲げられた例がみられます。次郎法師(直虎とされる)は井伊家守護のため、本営の帷幄中にこの四神旗を備え置きました。北方の玄武に代わり、勾陳が配されています。

坂本龍馬の妙見信仰

250px-Sakamoto_Ryoma 詳しくは坂本龍馬の記事

二度の出府で龍馬が学んだ場所は、千葉周作が開いた北辰一刀流の千葉道場であった。当時の主は、千葉定吉だ。「北辰」とは北極星または北斗七星で、妙見信仰の象徴とされる。龍馬はここで「免許皆伝」の剣術だけでなく、妙見信仰への目を開いた。

 

白河天皇の妙見信仰

IMG_3913-300x225 詳しくは日光尊星王院

妙見とは尊星王である。三井寺円満院(平等院)に尊星王堂を創建。等身の尊星王菩薩を安置し御願寺とした。鳥羽・後白河御二代の叡願所でもある。(星占い星祭り 金指正三著参考)